風俗体験入店のときに準備をしておくこととは?

風俗体験入店の際に、前もって準備しておかなければいけないことは? - 「体験入店」の前に仕事の流れを確認すること

「体験入店」の前に仕事の流れを確認すること

女性が風俗の世界に飛び込む前には面接をクリアしなければなりません。
風俗業では、どんな女性でもできるだけ採用する傾向にあります。
それは男性のニーズが多様化しているからです。

これまではポッチャリした女性は敬遠されていました。
ですが最近ではポッチャリをウリにする風俗店も増えてきているのです。
ルックスも美人ではない方の方が素人感を感じるので良いというところもあります。

基本的に風俗店が見ているのは清潔感と接客スキルではないでしょうか?
インターネットの風俗求人サイトで見つけて面接を受けて「体験入店」をします。
その際に注意をしておかなければならないポイントがいくつかあります。
今回は【「体験入店」の前に仕事の流れを確認すること】をご紹介しておきましょう。

仕事の流れ

店舗によって待機する場所や仕事に入るときの流れはさまざまです。
風俗求人サイトの中でも圧倒的に求人数が多いジャンルの店舗はどうなっていのでしょうか?

デリバリーヘルス(無店舗型)

デリヘルの場合は待機場所からスタッフが運転する車に乗り込んでからお客さまが指定するホテルやご自宅へ向かいます。
スタッフがまずはお客さまと対面して料金の説明やプランの確認をします。
その後、精算をしてからデリヘル嬢を招きいれます。

ファッションヘルスやソープランド(店舗型)

待機場所から部屋に入って準備するパターンが一般的です。
店舗型の場合は、受付と接客スペースが隣接しているのでスムーズです。
またトラブルがあってもスタッフが近くにいるので安心できる面があります。

以上のようにいろいろな仕事の流れがあります。

お店独特の仕事の流れがあり、特に難しいこともないですがルールになります。
メモをとって覚えるようにするといいでしょう。