風俗体験入店のときに準備をしておくこととは?

風俗体験入店の際に、前もって準備しておかなければいけないことは? - 「体験入店」の前にそれが終わったどうなるのか?

「体験入店」の前にそれが終わったどうなるのか?

風俗で仕事をするのがはじめてなれば「体験入店」というシステムを使うことをお薦めします。
大抵の風俗店はいきなり正式に雇いません。
女の子の客あしらいの具合をチェックしているのです。

性的なテクニックは、覚えることによって伸びてきますが、接客センスはその人の人間性が大きくでてくるからです。
今回は【「体験入店」の前にそれが終わったどうなるのか?】を確認しましょう。

「体験入店」が終わったら本入店・正式入店するかどうかをお店につたえます

お店の人事担当者・採用担当者から「次の出勤はどうするの?」といった内容が聞かれます。
想像以上にトントン拍子で物事が進みますので覚えておきましょう。
「ちょっと考えさせてください」という返事は否定的に映るでしょう。

「働いてもいいな」と思ったら、次の出勤日を決めましょう。

風俗の仕事は一般的に週単位で出勤を決められます。
ですが前日に伝えることでその日に出勤できることもあります。
ジャンルやお店によっても違います。
ですから「出勤できる日がわかれば連絡します」という風に返事しましょう。
少し考えたい場合でもこういった返事の仕方をしておいて、帰宅してじっくり考えればいいのです。

出勤日が自分の裁量で決められるならば「体験入店」する前にスケジュールをメモしておきましょう。

事前に伝えておくほうが有利です。
店舗側も出勤日がわかっていれば、オフィシャルWebサイトやメルマガで紹介できるからです。
予約を取ってもらえると稼ぎやすいです。

以上のようなポイントに注意して「体験入店」の返事をすればいいでしょう。

なかなか面と向かって「このお店は私には無理です」とは言いにくいでしょう。
後日、店舗から電話がくるかもしれません。
そのときには「やはり風俗の仕事はやめておきます」と伝えれば相手も理解してくれるでしょう。